FLEAZ mobileブログ

FLEAZ mobile製品をご活用いただくための情報ブログ

W11 Bluetooth接続不具合復旧手順

Anniversary Update問題

Anniversary Update以降に、Bluetooth機器が認識されない、接続できないといった場合の復旧手順をご案内します。Wi-Fiを切断すると、Bluetooth機器の検出・ペアリングができる事から、Bluetoothドライバーに問題はありません。メジャーアップデートにより更新されたWi-Fiドライバーとの相性が悪く、古いドライバーに戻す事でマウス等、動作します。

1. デバイスマネージャー起動

Windowsマークを右クリックして、デバイスマネージャーを選択します。

f:id:covia20:20180207150329p:plain

 

2.ドライバーの更新

ネットワークアダプタの選択し、左ダブルクリック(右クリックで、プロパティ選択)します。

f:id:covia20:20180207150402p:plain

 

 ドライバーを選択します。

f:id:covia20:20180207165622p:plain

 

 「ドライバーの更新」を選択します。

f:id:covia20:20180207170233p:plain

 

 3. ドライバーの検出方法

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を選択

f:id:covia20:20180207170727p:plain

 

 

4. コンピューター上のドライバーの参照

「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」を選択

f:id:covia20:20180207170943p:plain

 

 

5. インストールするデバイスドライバーの選択

※2017年のドライバ、microsoft製のドライバーでは動作いたしません。

 古いRealtek製ドライバーを選択して下さい。

    なお、Windowsのバージョンによっては表記が違う場合があります。

f:id:covia20:20180207171135p:plain

 

 

 

6. ドライバーのインストール

f:id:covia20:20180207173942p:plain

 

更新が完了したら、「閉じる」押してWindowを閉じます

f:id:covia20:20180207174025p:plain

 

 

   ※もし、ドライバー更新をしても動作しない場合は別のドライバーをお試し下さい。

f:id:covia20:20180207185001p:plain

 

 

消防庁 格安スマホとJアラート受信

消防庁の発表

TCA 電気通信事業者協会が12/25に発表した内容を受けての消防庁の発表です。Android8.1向けに共通受信仕様が策定されたので、Android8.1からは受信できることを示しているようです。

www.jiji.com

 

電気通信事業者協会(TCA)

12/25に発表された内容は以下のとおりです。

www.tca.or.jp

 

FLEAZシリーズの対応

FLEAZシリーズではETWSはSMSのメッセージアプリで受けています。

弊社ではAndroid 8.1を搭載した製品はまだありませんが、今後の動向を注視していきます。

g07/g07+/g07++ メディアストレージの復旧方法

メディアストレージの不具合 

Androidでは、写真データや動画データ、音楽データなどをメディアストレージというシステムアプリで管理しています。メディアストレージアプリは自動的にスマートフォン内のファイルをスキャンしメディアファイルをデータベース化しています。これによりSNSアプリなどから写真データを投稿したりパソコンとスマートフォンを接続して写真データを管理出来たりと、アプリ間での共有がはかられます。

このメディアストレージアプリがデータベースの作成時にスマートフォンの異常終了などで、作成されたデータベースに不整合が生じることがあります。この場合、パソコンから写真データを管理しようとしても、写真データが見えなかったり、アプリから写真データを利用しようとしても、写真データにアクセス出来なかったり、アプリ自体が停止してしまうような状況が発生する場合があります。

 

この様な状況が起きた場合はメディアストレージアプリのデータを一旦削除して、データベースを再構築させることで修復できます。


破損したデーターベースを削除方法

1. 「設定」から「アプリ」を選択

f:id:seino-covia:20180130181721p:plain

 

2.「アプリ」内のメニューを開きます

f:id:seino-covia:20180130181920p:plain

 

3. メニュー内の「システムを表示」をタップします

f:id:seino-covia:20180130182030p:plain

 

4.「メディアストレージ」アプリを選択します

f:id:seino-covia:20180130182205p:plain

 

5.「メディアストレージ」内のストレージをタップします

f:id:seino-covia:20180130182339p:plain

 

6.「データを消去」をタップします

f:id:seino-covia:20180130182446p:plain

 

7.「OK」を選択しデータを削除します

f:id:seino-covia:20180130182554p:plain

 

このメディアストレージ内のデータを削除しても、ユーザーの写真データや音楽データ等は消去されず、データベース情報のみ削除されます。削除直後はメディアストレージのデーターベースを利用しているアプリでは一時的にデータがすべて見えなくなりますが自動的にメディアスキャンは実行され修復されます。メディアファイルの量によってはその際しばらく時間がかかることがありますのでご注意ください。

g07/g07+/g07++ 再起動を繰り返す問題対策

最近のAndroidの更新に伴い、端末が再起動を繰り返す状態になる方が複数発生しております。すべてのユーザー様が対象ではありません。

対処方法につきまして、下記に手順をお知らせいたします。これにより、端末を工場初期化せずに復旧できますが、操作途中で再起動することもありえますので、手順良く進めてください。再起動する前に、Googleサービスフレームワークのデータを削除いただく必要がありますので、予め以下の手順をよく把握していただき、遅滞なく進めてください。もし途中で再起動がかかっても、それによる弊害はないので、何度でも最初からトライしていただけます。データの削除をすると、再起動は止まり、正常な状態に戻っていきます。データを削除するとAndroidが自動的に復旧を行いますので、インターネットに接続した状態で少しお待ちください。Playストアへのログインができれば、問題ありません。

 

この度はご不便をおかけして申し訳ありませんでした。原因究明結果については追ってお知らせします。 

 

復旧手順 

1.「設定」→「アプリ」の順でタップする

f:id:hottacovtest:20180129155953p:plain

 

2.右上の縦「…」をタップし「システムを表示する」をタップする

f:id:hottacovtest:20180129160059p:plain

f:id:hottacovtest:20180129160251p:plain

 

3.「すべてのアプリ」が表示されている状態で「Googleサービスフレームワーク」を探しタップする

f:id:hottacovtest:20180129160344p:plain

 

 

5.「データ削去」をタップする

f:id:hottacovtest:20180129160444p:plain

 

 

6.「アプリのデータを削除しますか?」ポップアップ表示で「OK」をタップする

f:id:hottacovtest:20180129160555p:plain

 

予期しない再起動はここまでの操作を実施することで解決します。動作終了後は、安定動作までに少し時間を要します。Playストアに正常にアクセスできるかなどでご確認ください。

 

二次的障害の対処

端末が再起動を繰り返したことにより、メディアストレージが不整合を起こし、写真や音楽データなどのアクセスに齟齬を生じる場合があります。その場合は以下の手順でメディアストレージを修復してお使いください。

 

blog.fleaz-mobile.com

完全初期化の場合

前述のGoogleサービスフレームワークのデータを削除することで、設定を保持したまま復旧できますのでお薦めです。完全に初期化されるとより安心してお使いいただけますが、その場合は以下の手順と注意点をご参考ください。

blog.fleaz-mobile.com

 

 

 

 

 

 

 

g07++ カメラ撮影サンプル

撮影比較サンプル

大変ご好評いただきロングセラーとなったg07シリーズの最新モデルg07++は、搭載メモリの増量に加えて、カメラ機能がアップグレードされ、さらに高画質な写真撮影が可能になりました。従来のメイン13メガピクセル+フロント8メガピクセルから、メイン16メガピクセル+フロント13メガピクセル(今回もSONY製のCMOSイメージセンサ搭載)の高画質化を計り、また広角レンズの採用により広い範囲の被写体を撮影することができるようになりました。実際にg07とg07++で撮影した写真を掲載しましたので、ご参考ください。

ワイドアングル

レンズが広角のため被写体をより広く捉えます。

f:id:hottacovtest:20171205125525p:plain

 

低光源

光源が弱い場合も、より鮮明な写真の撮影が可能です

f:id:hottacovtest:20171205130343p:plain

彩度と解像度改善

f:id:hottacovtest:20171205144242p:plain

色彩と明るさの表現力

f:id:hottacovtest:20171205145519p:plain

 

風景写真

広い範囲でより鮮明に撮影

f:id:hottacovtest:20171205151339p:plain